『勝手に!カミタマン』研究

『勝手に!カミタマン』(1985〜86)を敬愛するブログです。

第13話「爆発ゲートボール軍団」(1985年6月30日放送 脚本:浦沢義雄 監督:佐伯孚治)

【ストーリー】

 ある朝、横山(末松芳隆)がパジャマ姿で橋を渡っていた。

 

 根本家では自室の床で、ベッドから落ちた伸介(岩瀬威司)が寝ていた。その横ではカミタマン(声:田中真弓 人形操作:田谷真理子、日向恵子、中村伸子)が眠る。寝ぼけた伸介とカミタマンはまくらを投げ合う。

 外からは「伸介くん!」と横山の声が。 

 

 庭には横山が。寝ぼけたママ(大橋恵里子)とパパ(石井喧一)が出てくる。伸介とカミタマン、マリも窓から顔を出す。

続きを読む

第12話「ノロイ君都会へ」(1985年6月23日放送 脚本:浦沢義雄 監督:大井利夫)

【ストーリー】

 松任谷由実「雨に消えたジョガー」が流れる朝の住宅街。「♪うつむいたランナーがあらわれる」のくだりで“闘魂”のはちまきをしたタタリ(花房徹)が現れる。新聞配達をしているのだった。

タタリ「頑張るぞー」

 

 根本家では、パパ(石井喧一)とママ(大橋恵里子)がリュックや水筒などを愉しげに準備中。眠そうなカミタマン(声:田中真弓 人形操作:塚越寿美子、田谷真理子、日向恵子)。パパとママは抜き足差し足で出かける。

続きを読む

第11話「戦え!思いブラザーズ」(1985年6月16日放送 脚本:浦沢義雄 監督:大井利夫)

【ストーリー】

f:id:namerukarada:20201023162240j:plain

 掃除機を使って、家電の手入れをしているママ(大橋恵里子)。カミタマン(声:田中真弓 人形操作:塚越寿美子、田谷真理子、日向恵子)は「新しいの買ったほうがいいんじゃないの?」。

続きを読む

第10話「涙の横山 純愛物語」(1985年6月9日放送 脚本:浦沢義雄 監督:佐伯孚治)

【ストーリー】

f:id:namerukarada:20201018205210j:plain

 伸介(岩瀬威司)と横山(末松芳隆)は「胃袋つかめー」などと仲良く技をかけ合って、下校していた。やがてみなが公園でサッカーをしているところに通りかかる。

続きを読む

第9話「三流神さま山田くん登場」(1985年6月2日放送 脚本:浦沢義雄 監督:佐伯孚治)

【ストーリー】

f:id:namerukarada:20201017024154j:plain

 自室で何やらさがしている伸介(岩瀬威司)。

伸介「どこ行っちゃったんだろう? あ!」

続きを読む